ドイツ在住日本人の安全を願って…
ドイツ在住日本人の安全を願って…

テロ関係の情報

犯罪情報が多くてアップデートが間に合わなくなりました。

ここに現れるのは、在デュッセルドルフ日本総領事館からの

メールですので、直接そのメールを受け取れるようにお申し込み下さい。

 

お申し込みはこちらから ⇒ 安全(危険) 情報ニュースレターお申し込み

 

 

 

2016年12月21日

ノルトライン=ヴェストファーレン州にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在デュッセルドルフ日本国総領事館

昨19日夜に発生したベルリン市ヨーロッパセンター脇のクリスマスマーケットへの大型トラック突入事件について、報道によると、拘束された容疑者に対する犯行の証拠は不十分であるとして釈放されたとのことです。本事件の犯人は未だ特定・確認されておらず、逃走している可能性があり、警察では捜査や警戒を強化している状況となりますので、在留邦人、邦人渡航者の皆さまにおかれてはニュースや信頼できる情報源(例~ベルリン警察Twitter: https://twitter.com/PolizeiBerlin_E)からの情報収集に努め、引き続き必要な注意を払っていただきますようお願い致します。

1.クリスマス市のように、不特定多数の来場が見込まれる大規模イベントは、テロや一般犯罪の標的となるおそれがありますので、いつも以上に特別な注意を払う必要があります。テロを含む事件事故の回避、あるいは被害を最小限にするためには、次の観点を持って行動することが有効と思われます。
○ 脅威を早期に発見する:常に自分の周囲に不審者や不審物がないか注意する
○ 脅威から距離をとる:被害を受けないよう、被害を小さくするよう離れる(離れておく)
○ 脅威から離脱する:退避ルートや一時的に隠れる場所を想定しておく

2.万一に備え、家族や友人、職場等にご自身の滞在先や連絡先を伝えておくようにしてください。
 海外渡航や在留の際に、緊急事態が発生した場合、外務省からは随時情報を提供致します。緊急事態の発生に際しては、「たびレジ」や在留届等であらかじめメールアドレスを登録いただいた方には、一斉メールにより、情勢と注意事項をお伝えしています。
■外務省海外旅行登録「たびレジ」(3ヶ月未満の渡航の方)
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#
■在留届(3ヶ月以上滞在される方)
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
■スマートフォン用「海外安全アプリ」
  http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html
 

 

 

 

 

 

2016年12月20 

ドイツ:ベルリン・クリスマスマーケットへの車両突入事件に伴う注意喚起

 

外務省より、下記のとおり海外安全情報(スポット情報)が発出されましたのでお知らせします。

 

【ポイント】

●12月19日夜(ドイツ時間),ベルリン中心部ブライトシャイト広場(Breitscheidplatz)のクリスマスマーケットに大型トラックが突入し,少なくとも9名が死亡,50名以上が負傷したと報じられています。

●ベルリンをはじめドイツに渡航・滞在される方は,こうした事態に巻き込まれないよう,具体的に以下の対応に努めてください。

(1)最新の関連情報を入手する。

(2)テロの標的となりやすい場所(クリスマスマーケットをはじめ、観光施設,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,教会等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払う。

 

☆詳細については,下記の内容をよくお読み下さい。

 

1 12月19日夜(ドイツ時間),ベルリン中心部ブライトシャイト広場(Breitscheidplatz)のクリスマスマーケットに大型トラックが突入し,9名が死亡,50名以上が負傷し,警察当局によれば,突入した車両に乗っていた2名のうち1名が死亡,容疑者1名を拘束したと報じられています。

 

2 ドイツではこれまでも, 本年7月にバイエルン州のヴュルツブルグ近郊及びアンスバッハでテロ事件が発生しています。また, 10月には,ザクセン州ケムニッツにおいて,爆弾テロを計画していた疑いでシリア人の男が検挙されています。また,ラインラント=プツァル州においても,11月と12月に12歳のイラク系ドイツ人の少年がクリスマスマーケットを狙った爆弾テロを試みた事案が発生しています。今後も同様の事件の発生が懸念されます。

 

3 つきましては,ベルリンをはじめとしてドイツに渡航・滞在される方は,テロ事件等不測の事態に巻き込まれることのないよう,以下の対応に努めて下さい。 

(1)最新の関連情報を入手する。

(2)テロの標的となりやすい場所(クリスマスマーケットをはじめ、観光施設,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,教会等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払う。

ドイツ「海外安全情報」:

http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure.asp?id=165

 

ドイツ「テロに関する注意喚起」

http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_pdf/20161107german.pdf

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html

また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。

(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

 

5 なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せて御参照ください。

(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」

(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」

(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

 

(参考スポット/広域情報)

・「年末年始に海外に渡航・滞在される方の安全対策のためのお知らせ ~テロ・感染症・麻薬犯罪等対策と「たびレジ」による緊急連絡先登録のお願い~」(2016年12月6日)

http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C329.html

 

・「欧米での記念日や各種イベント等を狙ったテロに対する注意喚起」(2016年11月25日)

http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C319.html

 

・「ドイツ:バイエルン州の野外音楽フェスティバル会場付近における爆発事件に関する注意喚起」(2016年7月26日)

http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2016C200.html

 

(問い合わせ窓口)

○外務省領事サービスセンター

住所:東京都千代田区霞が関2-2-1

電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

 

(外務省関連課室連絡先)

○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)

電話:(代表)03-3580-3311

○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)

電話:(代表)03-3580-3311

○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/

           http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp  (携帯版)

 

(現地大使館連絡先)

(現地大使館等連絡先)

○在ドイツ日本国大使館

住所:Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin

電話: (+49) 30 210 940

FAX: (+49) 30 210 94 222

ホームページ:http://www.de.emb-japan.go.jp/nihongo/index.html

 

 ○在デュッセルドルフ日本国総領事館

住所:Immermannstr. 45, D-40210 Düsseldorf

電話: (+49) 211-164820

FAX: (+49) 211-357650

ホームページhttp://www.dus.emb-japan.go.jp/profile/japanisch/j_top.htm

 

○在フランクフルト日本国総領事館

住所:MesseTurm 34. OG, Friedrich-Ebert-Anlage 49, 60327 Frankfurt

電話: (+49)-69-2385730

FAX: (+49)-69-230531

  ホームページ:http://www.frankfurt.de.emb-japan.go.jp/jp/index.htm

 

○在ミュンヘン日本国総領事館

住所:Karl-Scharnagl-Ring 7 80539 Muenchen

電話: (+49)-89-4176040

FAX: (+49)-89-47-05-710

  ホームページ:http://www.muenchen.de.emb-japan.go.jp/jp/index.htm

 

○在ハンブルク日本国総領事館

住所:Rathausmarkt 5, 20095 Hamburg

電話: (+49)-40-3330170

FAX: (+49)-40-30399915

  ホームページ:http://www.hamburg.emb-japan.go.jp/jp/index.html


 

 

 

 

 

 

 

2016年9月より、犯罪情報の中でもテロに関する情報はこちらのページに移りました。それ以前のテロの情報は、犯罪情報の中でご覧ください。

 

 

2016年9月8日

 

1 9月12日(月)から9月15日(木)頃までは,イスラム教の犠牲祭(イード・アル=アドハー)に当たります。

2 現在のところ,犠牲祭に際してテロの実行を呼びかける声明などは確認されていませんが,次の理由から念のために、テロへの注意を強化する必要があります。
   ○  ラマダンなどのイスラム教の宗教行事期間でのテロ発生傾向が高いこと
   ○ ラマダン月に際してテロを呼びかけていたISIL幹部の「殉教」が最近発表され,その報復テロのおそれがあること
   ○ 本年の9月11日は,2001年の米同時多発テロの15周年にあたること

3 本年7月にはドイツ南部で連続的にテロや無差別殺傷事件が発生しており、ドイツにおいてもテロに関連する事件が発生する可能性は排除されない状況にあります。

4 つきましては, 犠牲祭期間中やその前後に海外に渡航・滞在される方は,従来以上に安全に注意する必要があることを認識し,外務省が発出する海外安全情報及び報道等により,最新の治安情勢等,渡航・滞在先について最新の関連情報の入手に努めるとともに,改めて危機管理意識を持つよう努めてください。テロ,誘拐等の不測の事態に巻き込まれることのないよう,特にテロの標的となりやすい場所(モスク等宗教関連施設,政府・軍・警察関係施設,欧米関連施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場等不特定多数が集まる場所等)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払ってください。

5 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
  さらに,渡航・滞在先の国・地域において緊急事態が発生した場合,メールアドレス等を登録されている場合には,外務省から随時一斉メール等により最新の情勢と注意事項をお伝えしています。
  3か月以上滞在する方は,必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
  3か月未満の旅行や出張などの際には,「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# )

(参考広域情報・スポット情報)
・「犠牲祭(イスラム教の祝日)期間に伴う注意喚起」(2016年9月7日)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2016C244
・「欧州における記念日や各種イベントを狙ったテロ等に対する注意喚起」(2016年7月28日)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2016C202

・「イスラム過激派組織によるラマダン期間中のテロを呼びかける声明の発出に伴う注意喚起」(2016年5月30日)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2016C153

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版) 

 

 

 

 

 

 

 

ganbarenihon – ブログ ネットdeデュッセル

日本の司法は超いいかげん… (Sun, 08 Jul 2018)
再び、虎ノ門ニュースで驚くべきことを知りました。 (日本だけ?)裁判所では、特に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

『ゴミを拾う人は捨てない』 (Fri, 06 Jul 2018)
鍵山さんの本日のメッセージです:  タバコの吸殻を捨てたからといって、急に人生が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ヨーロッパ人と交渉するために日本人が知っておきたいこと (Fri, 15 Jun 2018)
世界一安全な国である日本で生まれ育った日本人が海外に行くと、頻繁に盗難の洗礼を受… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ「父上!」と呼ばせるのか… (Fri, 01 Jun 2018)
うちには16歳の長女、そして13歳、11歳の2人の男の子がいます。 父親である私… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

米朝首脳会談の行方… トランプさんはやっぱりやり手? (Wed, 30 May 2018)
アメリカのある学校で、銃の乱射事件が起こり、教師にも銃を持たせるようになる(?)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ゴミ回収車をありがたいと思うか、邪魔だと思うか… (Tue, 29 May 2018)
ゴミ回収日の朝に車を運転していて、たまたま自分の車の前にゴミ回収車が現れた時、「… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

なぜ最近、日本のレジやエレベーターの女性、キャビンアテンダントは韓国式のお辞儀をするのか? 本当の日本のお辞儀の方法… (Sun, 27 May 2018)
そういえば最近、ヘソの辺りで両手を重ねて肘を横に張ってお辞儀をする人を見かけるよ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

沖縄の翁長知事は以前は保守だった。そしてめちゃくちゃ左寄りの沖縄メジャー2紙はいつからそうなった? (Fri, 25 May 2018)
という特集の5月22日の虎ノ門ニュース、かなり興味深かったです。 国士、青山さん… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本が鎖国をした理由… (Mon, 21 May 2018)
…など学校で習ったでしょうか? 学生の時、勉強をしていなかったので、こんなことは… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

結婚式に出席した政治家が、子どもを3人産んで下さいと言うとセクハラになるこの世の中… (Fri, 18 May 2018)
日本のニュースを携帯端末で見ている家内が、その発言がセクハラになるのはおかしいと… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

私はシンガポールに行くわと言った、ドイツ人のお婆さん。 (Thu, 10 May 2018)
日曜日に、仲間とデュッセルドルフ中央駅駅前のボランティア掃除活動をしていた時でし… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

語源から考えると、種類は違っても、同じ Police グループ。駅前の掃除活動は、実はPolice の活動… (Sun, 06 May 2018)
ということで、防犯(予防/Before)と、起きた犯罪を取り締まる(After)… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ミャンマーの内戦のほとんどを静めた、元お坊さんの凄い日本人、井本勝幸さん (Tue, 24 Apr 2018)
ドイツに39年も住んでいると、日本から来る人によく言われます。 「凄いですね〜!… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ポーランド人もユダヤ人を虐殺していた? (Sun, 25 Mar 2018)
WDR3のラジオのニュースで、「ポーランド人がユダヤ人を虐殺したというような噂が… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本の美徳が国際社会に一切通用しない理由 (Thu, 15 Mar 2018)
虎ノ門ニュースに出てくるケント・ギルバートさんの興味深い動画を見つけました。 普… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

世界の警察アメリカとは違う方法。日本流、争いが起きている地域の収拾貢献 (Mon, 05 Mar 2018)
井本勝幸さんをご存知でしょうか? 以下は、産経ニュースの記事からです(http:… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本にも見習って欲しい、ポーランド政府の凛とした態度 (Mon, 26 Feb 2018)
先日、ドイツのラジオニュースで知りました。 ドイツ、ナチのユダヤ人に対する虐待行… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月に一度のデュッセルドルフ中央駅前の掃除活動 (Sun, 18 Feb 2018)
今日はとても嬉しいことがありました。   思うところがあって現在、月に… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

「1日に 2リットルの水を飲むと健康に良い」は本当? (Thu, 08 Feb 2018)
ここしばらく、1日に水を2リットル飲むと健康に良いというお話・宣伝を時々聞きます… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Behind the cove(ビハインド・ザ・コーヴ)、シー・シェパードの捕鯨反対の実態 (Fri, 02 Feb 2018)
The cove という映画を見たことか、聞いたことがあるでしょうか? イルカ漁… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本のメディアが報道しない、今起きているアメリカの重大事件 (Wed, 31 Jan 2018)
藤井厳喜さんという、ハーバード大を出たエリート中のエリート国際経済学者が先日、ロ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

向かい風も、やり方によっては追い風にすることができる (Mon, 15 Jan 2018)
月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事につ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊誌「致知」12月号、「高い壁にも必ず向こうに行けるドアがある」という記事 (Mon, 25 Dec 2017)
は、ドイツ人建築デザイナーであるカール・ベンクスさんが、日本の古民家再生を日本人… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

デュッセルドルフに雪が降った! でも、遅過ぎた人間ラッセル車… (Sat, 09 Dec 2017)
(デュッセルドルフと書いてはいるものの、実際にはメアブッシュでのことです。メアブ… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

今、人生で落ち込んでいる人いますか? (Tue, 05 Dec 2017)
人によく勘違いされるのが、まるで私が悠々自適、余裕綽々の生活を送っているかのよう… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

戦争中の日本(軍)は本当に悪者だった? 海外青年協力隊でパプアニューギニアに行った人の、とても興味深いお話し。 (Sat, 04 Nov 2017)
走り仲間の中に一人、以前日本の海外青年協力隊でパプアニューギニアにいたことがある… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ダントツで世界最低の、海外に出る日本人の犯罪に対する心構え (Tue, 15 Aug 2017)
日本(人)を世界の物差しで測ってみると、とても面白い事実が分かってきます。 色々… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

日本人の悪いところ (Sat, 12 Aug 2017)
日本(人)を褒め過ぎ(?)な傾向の日本ファン日本人の私にも、どうしても気に入らな… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

月刊誌「致知」2017年6月号のテーマは寧静致遠(ねいせいちえん) (Fri, 07 Jul 2017)
寧静致遠という言葉は「小学」に出ている言葉だそうです。 「小学」とは、中国,宋代… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

ドイツ全国どころか、オランダやベルギーからも受験者が集まってくれた第三回漢検デュッセルドルフ (Sat, 01 Jul 2017)
今回で第3回目となる漢検デュッセルドルフ、受験者数が一挙に今までの倍以上となり、… 続きを読む ›
>> Mehr lesen

Druckversion Druckversion | Sitemap
© netdeduessel UG